マインドセットとは、何のことなのか?

 これを読んでいるあなたは、何となく想像がつくかもしれませんが、

この記事にたどり着いたあなたは、きっとそれを詳しく知りたかったのだと思います。

 では、はじめに『マインドセット』とは、どのようなものなのか…。

ひと言で答えると、

【マインドセットとは】
「人や組織に内在している無意識の思考パターンの束」

「先入観や思い込み」

「価値観や信念」

など、その人の思考パターンと言えるものです。

例えば、何か身の回りに変化があったとき、

《A》『変化はチャンスととらえて、どのようにこの変化を味方につけようか?』と思う人もいれば、

《B》『面倒なことが起きたな…。どうやって過ごそうか…』と思う人もいます。

また、何かに挑戦するとき

《A》『環境は自分の力で変えられる!何か自分にできることはないか?』と考える人もいれば

《B》『どうせ環境は変えられない。だから、与えられた仕事だけしておこう。』と考える人もいます。

そして、失敗してしまったときも

《A》『自分のどこが悪かったんだろう?ちゃんと分析して次に活かそう!』と考える人もいれば

《B》『自分の範囲の仕事とはちゃんとした。だから自分は悪くない。』と考える人もいます。

 このようにマインドセットとは、一人ひとりが「無意識に持つ先入観や思い込み」「物事をとらえる上での思考のクセ」「価値観や信念」

 そして、マインドセット次第で,同じ物事でも「物事のとらえ方」や「その後の行動」が大きく変わってしまうので、よい状態のマインドセットで取り組むようにしましょう!

  【参考】Mission Driven Brand より

 

 また、 Mission Driven Brand では、以下のようにも伝えています。

マインドセットが恐ろしいのは、それが『無意識』であること」だと。

『無意識』ということは、自分では自覚しずらいことを意味します。

 そして、「マインドセットが自覚しずらい」ということは、気が付かないままあなたや組織を侵食し、行動を支配してしまうことを意味します。

 また、ビジネスや仕事となると成長するための方法として「スキルの取得」に目が行きがちだとも指摘しています。

 成長というものには、大きく分けて3つの種類があります。

それは、

スキル」の成長
➡わからないことが分かり、出来なかったことが出来るようになること。

②「考える力」の成長
➡情報や知識から施行を通して知恵を生み出せるようになること

③「マインドセット」の成長
➡自分の仕事に「意味」や「使命」を見出し、能動的に新しい価値を生み出す意欲が持てるようになること。

「成果を上げる人と上げない人の差は才能ではない。
いくつかの習慣的な姿勢と
基礎的な方法を身に付けているかどうかの問題である。

これは、経営の神様と呼ばれるピータードラッカーの言葉ですが、

上記の「習慣的な姿勢」こそが「マインドセット」に当たります。

以上のことを踏まえて、 Mission Driven Brand でも提唱されている
仕事で成長するための16の成長マインドセットを見ていきましょう!