飲食業は、本当に人手不足です。

以前は、花形の職業と言われてあこがれの職業でしたが、今のあこがれの職業というのは『YouTuber』!?

時代は変わりましたね(笑)

しかし、そんなことを言っていても何も始まりませんよね?
「美味しいものを作っていればお客さんは来る」

それは、過去の話です。料理が美味しいのは当たり前。では、お客さんはどうしてあなたのお店を選ぶのでしょう?

私は、こう思います!

お客様から選お店というのは、美味しいからではなくて居心地の良さやスタッフの感じが良かったから「あのお店にいこう!」と思うのです。

では、接客とは何なのか?

接客というのは、料理を作ってお客さんのところにもっていったり、ドリンクを作って持って行ったり、「いらっしゃいませ」、「ありがとうございます」ということが接客じゃないんですよ。

お客様が来店されたらどのようにして楽しませてあげるか考えて、そして、再来店してもらえるように接することが接客なのです。

だから、メニュー内容は全部覚えていなければならないし、料理の味、飲み物の味、おすすめ料理の提案、この空間で最大限に楽しむ方法を提案してあげること

全て、お客様目線に立ってお客様に接することが『本当の接客』なのです。

日雇いアルバイト(1日だけの単発)で、働く方が多くなっています。その方がたは、飲食店を選ぶ傾向が高いようですが、その訳を何人かに聞いてみました。

すると、こういう答えが返ってきました。

『飲食店での接客は、簡単だから…』
『賄いがついているから…』

そのような理由で働いていたら、ダメだと思うんです。

何の為に、飲食店で働くのか?

それを明確にして業務に業務につくことが大切です。

私は、今ステーキハウスを経営していますが、いつもこのように考えてお客様に接しています。

今日は、どのようにして楽しませてあげようか?前回は、これを食べてるから今日はこれをおすすめしてみようかな?

などなど、「お客様を楽しませてあげよう!」といろいろなことを考えています。いつも笑顔なのに今日はちょっと元気がないって時には、「今日は何かあったんですか?」とか、寒い日には「外は寒いですか」とか初めてのお客様にはなおさら声をかけるようににしています。

せっかく来てくれたんですからね。一言でも交わすだけでお互いに好感をもてますからね。

その一言で、初めてのお客様もほっこりした気持ちになってくれると思うし、あったかい気持ちでリラックスして料理を楽しむことが出来ると思うんです。

そう!サービス業で働く者。我々は、エンターテーナーなんです!